相続税の基礎控除について知っておくべきこと

相続税っていくらから納めないといけない?気になる金額を知りたい - いくらから相続税って納めるの?

いくらから相続税って納めるの?

税金は誰しも納めなければならない国民の義務です。
だからといって毎年税金を必ず納めているかと言ったらそうでもありませんね。
htrs
例えば年金生活をしているご老人は、年金収入以外の収入がないため納税額がないかあったとしてもごくごく僅少です。
では相続税を納める人はどれぐらいの金額から納めることになるのでしょう。

基礎控除を知る

税金には「基礎控除」というものがあります。
これは一定額以上の収入の人に対してだけ税金をかけることを目的に導入されている制度です。
相続税にも基礎控除が存在し多くの人はこの基礎控除位内の相続を受けているため相続税がほど遠い存在になっているのです。
基礎控除は「3000万円」と法定相続人の数に600万円をかけた金額を合計したものです。
つい最近まで基礎控除の3000万円は5000万円でしたが、先日行われた税制改正によって3000万円に引き下げられました。
「相続は5000万円以内ならば相続税がかからないから、その範囲で財産を作ろう」と考えている人は注意です。

葬式代が控除できる!

これは基礎控除ではありませんが、相続財産の中から葬式代を控除することも可能です。
税務署も葬式を出してはいけないなどといえるわけもなく、葬式にかかった費用は控除できるよう配慮しています。

相続には工夫が必要

残された相続人のために何とか相続税を支払わせたくないと思ってらっしゃる方は相続財産の見直しをしてみてはいかがでしょうか。
毎月給料から天引きされていく「税金」は果たしてどこへ流れていくのだろうと思ったことはありませんか?
今回は相続税を例に一体どこの誰が相続税を徴収しているのかを通して、どこに使われるのかを考えてみましょう。

国税として徴収

まず税金を納めるところには二つあります。
一つ目は「日本国」すなわち国税として集められる税金です。
相続税はこれに当たり、それ以外にも消費税や所得税、法人税は国税の代表例です。
二つ目は「地方公共団体」すなわち地方税として集められます。
erthr
こちらは固定資産税とか住民税などが代表例ですね。
相続税は確定申告によって税務署を通し国税庁に情報が集められ、納めた税金は国庫に入ります。

富の再分配

集められた相続税は「富の再分配」のために使われます。
相続税を納めなければならない人というのはたいてい多額の相続財産を受け継いでいることが多く、その中の一部を税金として集めることでその人が築いてきた多額の財産をお金を必要としているところに回そうという考え方が富の再分配です。
集められた税金によって道路を作ったり、社会保険を整備したりなど様々な方面で使われます。
最近でこそ税金の無駄遣いが声高に叫ばれるようになりましたが、昔に比べればずいぶんきれいになったものです。

申告を忘れずに

そして相続税を納めるに当たって一番大切なことは「申告を忘れない」ということです。
申告を忘れてしまうと後々やっかいなことになりますから税務署と連携をとりながら申告を行いましょう。